テクニック

プレデターは、メーカーとして、あなたの競技力の向上をお約束します。ここに、これまでPredatorが蓄積して来たビリヤードに関する知識を共有し、Predator製品を使用、設計するトップエキスパート達からの洞察を披露したいと思います。定期的に新しいヒントを追加しています。ホームページのあらゆる場所で、我々の情熱の源泉を見つけられると思います。そしてあなた自身のビリヤードへの新たな情熱を発見してください。

手球の飛びを理解する。

 

tips_deflection_314-Z-2014-rev2

 

ほとんどのミスショットの原因は捻りを加えようとしたものによるものです。理由は簡単です。捻りを加えると、手球は、本来ねらった方向へ進まないからです。これは手球のトビと呼ばれ、トビによるズレに対応するために、通常のプレイヤーであれば数年を費やします。手球のトビの大きさは使っているキューの種類、タップの状態やキュースピードによって異なります。撞点が手球の中心から離れているほど、手球は予定のコースから離れて行きます。またストロークが速いほど、手球の飛びは大きくなります。ローディフレクションキュー(トビの少ないキュー)はズレしが少なくて済むため、プレイが容易になります。プレデターシャフトは、手球のトビを抑えるよう設計されており、市場で最もトビの少ないシャフトとなっています。プレデターシャフトは、ひねりを加えたときのショットの成功率を飛躍的に向上させます。

ピボットポイントについて

どのシャフトにも、ピボットポイントと呼ばれる、精度を最大化するブリッジを組むのに最適なポイントがあります。分かりやすく言うと、シャフトの正しいピボットポイントにブリッジを組み、的球に対して真っ直ぐ構えれば、たとえ手球の中心以外を撞いたとしても、的球の真ん中に手球を当てることができます。ブレイクショット時に最適なピボットポイントとは、スピードと許容範囲を同時に最大化するブリッジ長のことです。

BK2のピボットポイントは13~14インチに設定され、そのビボットポイント内でブリッジを組むと加速度と許容範囲を同時に最大化させることができます。

多くのハードブレイカ―は、ブリッジを13~14インチの位置に組んでいます。そうすることによって、加速度を上げ、ブレイクによりパワーを与えることができます。ほとんどのブレイクキューではピボットポイントが9~11インチに設定されており、スピード上げるためにブリッジを長くした場合、極めて正確なストロークが要求されることになります。BK2のピボットポイントは13~14インチに設定されています。そのため、加速度と許容範囲を同時に最大化させることができます。他のキューよりもピボットポイントを2インチ長くすることによって、BK2は、スピード、精度、そして最も大切なパワーを向上させることができたのです。

タップの整形

プレデターの研究によって、アールが1セント硬貨の半径(または1セント硬貨の形)のタップは、最もポピュラーな5セント硬化の形のタップよりも、飛びを5~10%低減することが証明されました。1セント硬貨の半径は、中心またはタップの強い部分に力を集中させることができるため、手球の飛びが少なくなります。

艶出しの効果

シャフトに艶出しをする目的は、木を滑らかにし、シールすることです。艶出しをすればするほど、仕上げが良くなり、滑らかで耐湿性の高いシャフトになります。シャフトの最大の敵は湿気です。湿気によって木目が詰まると、シャフトの反りにつながります。シャフトに艶出しをするには、レザーバーニッシャーを使い、やすりは避けて下さい。やすりがけは、シャフトを摩耗させるだけでなく、木の多孔から湿気を吸収しやすくさせ木にダメージを与えることにもつながります。

やすりがけをしないこと

シャフトには決してやすりを使わないで下さい。やすりを使うと、シャフトの径が細くなり、テーパーの形状が変化してしまいます。フェラルまたは木部の径が314シャフトで12.25mm未満、Zシャフトで11.4mm未満となって場合、シャフトの保証の対象外となります。非常に目の細かい紙やすり(1500番)かバーニッシャー以外のものは使わないで下さい。

ブレイクキューのウェイト

多くのプレイヤーが信じているのとは異なり、ブレイクキューの重量は軽い方が良いのです。重いブレイクキューの方がパワーがあるように感じられますが、18.5~19ozのキューが、最もパワフルなブレイクに適しています。ほとんどのプロ選手が、プレイキューよりも1/2~1oz軽いブレイクキューを使っています。軽い方がキュースピードを上げやすく、その結果、手球のスピードが上がり、よりパワフルなブレイクが打てるのです。


Predatorスタイルのジャンプ

まず、手球と飛び超えたい球の距離を目測します。その距離が18インチ(45.72cm)より長ければ、通常の長さのジャンプキューを使用します。18インチ(45.72cm)より短ければ、ジャンプキューを短くすることによって、コントロールが増し、ジャンプに角度をつけるのに必要なスピードを出すことができます。

pred-ralf-souquet-jump-bl

  • 適切な角度: キューをおよそ45° に立てます。キューを立てるほど球は高くジャンプしますが、高くジャンプさせるほど精度は低下します。実際にどの程度の角度が必要か、異なるショットや距離で実験してみましょう。
  • 正確な力加減: ジャンプの際にはミニマムの力加減を使いましょう。強くストロークするほど、精度を維持するのが難しくなります。プレデターのAirジャンプキューを使えば、強い力を加えても精度を保ちやすくなります。
  • すばやいストローク: ジャンプショットは、通常のショットと比べ、ダーツを投げるような、より速い腕の動きが必要です。ほとんどのトッププレイヤーは、手首のスナップを使っています。
  • 練習が完璧を作る: ビギナーであれば、チョークを飛び超えるところから始めましょう。技術と自信が付いたところでボールに挑戦しましょう。ジャンプに熟練するための本当の秘訣は、練習することです。ショットや動きを練習すればするほど、ジャンプショットの正しい感覚が身に付いて行きます。


BREAK WITH POWER.

素晴らしいブレイクにはパワーと精度が必要です。多くのプレイヤーは、パワーと精度を別のものとして扱いがちですが、実際には互いに結び付いているのです。パワフルなストロークを持っているということは、高いテクニックと、ラックに最大のパワーを伝達するために必要な精度を身に付けているということです。以下に、パワーと精度の両方について説明します。以下のヒントは狙った撞点を撞くいて、エネルギーの全てを手球に与えるのに役立つはずです。

pred-karl-boyes-break-bl-v2

良いブレイクへの第一のポイントは、正しいライン上にフォームを構えることです。これは単純に、ストローク、目線、そして体が、目指すポイント、つまりラックのトップにある球の中心に向かって正しく揃っていることを確認するということです。視線はターゲットポイントから離さないで下さい。手球とフォロースルーのラインを見ながら素振りをしたら、テイクバックの始めからフォロースルーの終わりまで、視線をターゲットポイントから離してはいけません。

大きなフォロースルーもまたポイントです。多くのプレイヤーは、フォロースルーをしなかったり、自信とパワーが足りないままにフォロースルーをしたりしています。断固として手球を撞き抜き、手球をヒットした位置から十分先までにキューを伸ばしていく必要があります。平均的なワールドクラスプレイヤーは、キュー尻がテーブルのセンターラインに来るくらい長くフォロースルーをします(38cm-61cmのフォロースルーです)。ターゲットポイントに向かって真っ直ぐフォローするようにして下さい。パワーのある長いフォロースル―をしながらも正しいラインに乗っていなければ、的を外してしまいます。練習のために、テーブル上にチョークでラインかマークを付けましょう。そして、ストロークが正しいフォロースルーラインに乗っているか確認しましょう。また、真っ直ぐにフォロースル―をするために、クローズドブリッジを使い、フォロースル―が完了するまでブリッジをほどかないようにしましょう。

ブレイクで最大のパワーを得るために、下半身を効果的に使いましょう。腕だけを使っている間は、ストロークの本当のポテンシャルを発揮することができません。足の力を加え、後ろ足を蹴りあげることによって、加速度が増し、爆発的なストロークパワーを得ることができるのです。

最後に、練習あるのみです。他に道はありません。どのようにするか分かっていても実際に使えなければ意味がありません。精度とフォロースルーに注目して練習を始めてみてはいかがでしょうか。ミディアムパワーのストップショットで、的球に対して正確な厚みで繰り返し当てることができるようになるまで練習しましょう。手球をストップさせたり、ジャンプして少し戻ってきてからストップさせることができるようになったら、パワーを10%を増やしてみましょう。パワーを増やしながら練習を続け、100%の力で打っても、的球へ正確な厚みで当てることができるようになりましょう。がんばって下さい。Good luck!


プレデターシャフトの見越し

プレデターのシャフトは、飛びがミニマムなので、従来のシャフトのように捻るために見越しを取る必要がありません。ねらいを調整する必要が少なければ、ショットの成功率も上がります。

ドリル:シンプルなカットショットを何度か繰り返します。真ん中の撞点をねらっているつもりで撞いてみて、飛びが出るか、またどの程度飛びが出るか、確認しましょう。ひねり無しからスタートして、少しずつ順ひねりを増やしながら、何度か練習します。逆ひねりについても、同様に練習して下さい。このドリルによって、すぐに、プレデターシャフトの見越しの少なさに気づくことでしょう。そして、あなたのプレイレベルが一段階上がることを実感するでしょう。


キューのパフォーマンス

バットとジョイントのバランスが良く、ソリッドな感触を与えることは重要ですが、何よりもシャフトが、キューのパフォーマンスを決定付けます。バットは、快適さやスタイル、そしてショット後の反応に影響します。


ブレイク時にシャフトを曲げないこと

ブレイクのフォロースルーの際に、シャフトが曲がっているプレイヤーがほとんどです。木は完全な形状記憶を有さないため、シャフトを曲げることは反りに繋がる可能性があります。ブレイクキューのシャフトが曲がらないようにする唯一の方法は、フォロースルー時にブリッジをリリースすることです。つまり、テーブル上でシャフトが曲がらないようにすることです。


トニー・ロブレスにプレデターシャフトを使った捻りの極意を学ぶ

pred-tony-robles-bl

プレイヤーとして、また講師として、50%以上のショットは見越しを知らないことによって失敗しているということ、失敗を重ねたプレイヤーはスピンを避けるという悪循環に陥ること、を学びました。スピンを使わないことは、ポジションプレーを制限し、技術の向上を止めてしまいます。

プレデターシャフトを使いこなすこつは、異なるスピードで撞き分ける実験をすることです。3142またはZ2では、スピードによって手球と的球の反応が変わるのを感じることができるでしょう。


3142とZ2の見越しの違い

3142シャフトは、個人的にも気に入っており、見越しは必要だが的球の行方の方が気になるというプレイヤーに適しています。このシャフトを使えば、ポケット中心に的球のねらいを定めてから、キューを引いた時の手の位置を調整または回転させ、飛びを相殺させることができます。ノーマルシャフトでは、的球をポケットの外にねらわなくてはならず、キューを引いた時の手の位置も調整しなくてはならず、やることが多すぎます。3142は、的球をどこにねらっているかが明確ですし、またねらった通りに進んでくれるので、大きな自信を与えてくれます。

Z2シャフトは、あまり見越さずにスピンをかけたいというプレイヤーに適しています。私はこれをミラクルシャフトを呼んでいます。3~4フィートの距離であれば、どれだけのスピンを加えても、ポケットの真ん中にシュートすることができ、ズレは全くありません。このシャフトがプレイヤーのレベルを引き上げるものであることは、一瞬で分かりました。


トニーのディフレクションドリルでトビの仕組みを学ぼう

見越しを身につけるには、以下に図示された配置を練習して下さい。Z2シャフト、3142シャフト、従来のシャフトを使った場合の撞点と的球のコースが示されています。手球の望ましいコースはおよそのものであり、使っているシャフトによって多少の違いはあります。上達に合わせて、手球と的球の距離を変えながら同じ配置を練習しましょう。5~6フィートの距離になると、見越しが必要となり、的球をポケットよりもレール寄りにねらう必要があります。

Drill1_Final
見越しのドリル:手球の左上をねらい、左方向へのひねりと右方向への飛びを確認する。

Drill2_Final
見越しのドリル:手球の右上をねらい、右方向へのひねりと左方向への飛びを確認する。

Copyright © 2014 Predator Products. All Rights Reserved. Predator, Poison and Uni-Loc are registered trademarks of Predator Group.
Rock My Image - Online Marketing